フェイスブックのデータは消されることがあります

ホームページ管理をお任せ頂いています会社のオーナーさんから「友人のFacebookが消されてしまった」とご相談がありました。うちはホームページを作りますと同時にブログやSNSも管理しています。

社長さんのご友人なら私とも無関係ではないと考えまして調査開始。(このお話をブログに書いてよいと、ご了承頂いています)

本当に消えてしまった?勘違い?

最初に疑ったのは本当に消えてしまったのかですが、本当に社長さんからも、検索しても見えなくなっているとのことです。

次に、知らずに規約違反を繰り返しアカウントを凍結(停止のことです)されてしまったのかと思いまして、Facebookからのメールを過去1ヶ月分ほど見せて頂きましたがこちらもハズレ。

では、ハッキングされたと予想しましたが、だまされた感じの雰囲気はなく、こちらもハズレ。

原因は規約違反

Facebookに確認できないので確実ではありませんが、アカウントのお名前からしまして、多分、偽名と判断されたのだと思います。

例えば私でしたら、漢字以外に「イノウエ ハヤト」「Hayato Inoue」なら実名ですが、「H I」「井上 です」「アイアット 井上」は名前ではありませんからアウト。

Facebookは顔写真を登録する決まりはありませんが、実名登録は規約にありますから、実名以外はFacebookを利用する上でルール違反になります。

更に調べてみますとFacebookは年に数回の偽名大掃除があるそうで、その網にかかってしまったと予想しています。

他の人で、規約違反していないのに消されたり、たまたま有名人と同姓同名だったからアカウント凍結されたなんて話も見つけました。

Facebookは無料サービス

ですから、データの保証はされないのが暗黙のルールです。仕様がころころ変わっても無料ですから文句言えません。広告代が高くなっても何も言えません。私たちはFacebookのサービスを無料で使わせて頂いていますので、いやなら使わなければいいのです。

Facebookにはバックアップ機能がありますので試してみましたが、全部のデータではありませんでした。写真や動画は小さい画像や低画質ファイルしかダウンロードされません。Facebookのデータベースから大きい画像や高画質の動画ファイルが消されたら終わりです。

フェイスブックのバックアップ

私はしょうもない話や画像しかアップしませんので消えたら「しょうがない」で済みますが、データ保存用のクラウドストレージとして使っている人は、お手元のパソコンや有料サービスに保存されることをおすすめします。

有料サービスでも、提供元の企業が破産して引き継ぐ会社がなければおしまいですから、やっぱり自分のパソコンに保管した方が安心です。でも、自分のパソコンやスマホが故障したらデータは消えるかも知れませんので、バックアップは必ずしてください。

ブログの更新を再開いたします

言い訳ですが、昨年末からパソコン整備事業を法人化したり、確定申告がありましたし、何といいましても急激にお仕事をたくさん頂きまして、自社ブログまで手が回りませんでした。

私は「ブログを書かれるなら更新頻度を落としすぎないでください」と普段言っていますので、悪い見本になってしまいました。この場合は、一定期間更新できなかった時、すぐに「しばらく留守にしています。過去のおすすめ記事はこちらです。」と、リンクを入れるべきでした。次からそうします。

現在、パソコン整備の方は大丈夫ですが、ウェブサービス(ホームページなど管理)の方は手が回らなくなって来ています。数ヶ月お待ち頂くことになるかも知れませんこと、ご了承くださいませ。

Posted in Web事業 and tagged , .