ビジネス用ブログの書き方とコツ

企業やお店でブログを書かれているでしょうか?やられていなくてもご興味はおありのはずです。なぜ、わかると思いますか?

答えの前にブログ以外にも情報発信できる無料サービスがあります。2014年の6月の今でしたら、TwitterとFacebookが利用人口で考えますと配信に有利です。(mixiは下火になってきていますし、LINEはまだ個人同士の利用が主流です)

一言だけならTwitterがおすすめです

普段お書きの文章が140文字以内でしたらTwitterが手軽で簡単です。写真も貼れますし、ブログへTwitterの書き込み内容を貼り付けることもできます。スマートフォンが普及していますので、わざわざブログで書くより簡単に情報を配信できます。

もし、ご存知なければ若い従業員さんに聞いてみてください。もちろんアイアットでも簡単なご説明はいたします。

具体的な説明のない写真もFacebookで

例えばこんなブログの書き方です。

おはようございます!今日からセールが始まります!

[写真1]

いろいろありますよ!

[写真2]

こんなのもあります!

[写真3]

ご来店お待ちしております!

写真がなければ何のことかわかりませんよね。こういうブログの書き方はFacebookの方が合っていますし「おはようございます!今日からセールが始まります!ご来店お待ちしております!」(添付写真1、2、3がきれいに並んで掲載されます)のように省略できます。

ご商売と関係ない日記はFacebookで

重要なポイントです。

アイアットのブログ(ここです)と、私(井上です)のFacebookをご覧頂くと分かりやすいです。まずはアイアットのブログの最近のエントリー一覧を見てください。

i-at-blog-list

アイアットの事業は現在3つのカテゴリーがあります。

PC事業はパソコンのこと。Web事業ではホームページやインターネットでご商売なさるための情報。アイアット全体は事業全体や山口県をテーマにしています。

「昨日の夕食が美味かったです」や「うちの子どもがかわいいです」のような事業と関係ないエントリーは1つもありません。そういう話題はFacebookで書きます。

facebook-20140624

事業用のブログで私のプライベートの近況報告をしますと、そのエントリーはゴミになります。ゴミが増えるにつれてSEOの効果が弱くなります。ブログがおいしい豚骨ラーメンを目指しているとしますと、関係ないエントリーはコーヒーフレッシュやシロップで、入れれば入れるほどラーメンは何味なのかわからなくなります。

どうしてSEO効果が弱まるか、理由は次の3つの最後でご説明します。

SEOを取り入れたビジネス用ブログの書き方

ビジネス用ブログは「タイトル」が重要です

このエントリーの最初で私は「なぜ、わかると思いますか?」とお聞きしました。答えは、タイトルに興味を持たれてこの文章を読まれているはずですから、「ビジネス用ブログの書き方とコツ」に興味がない方には読まれないはずですから、わかって当たり前なのです。

タイトルは簡潔に、何について書いているかキーワードを入れる必要があります。悪いとはいいませんが、もったいないタイトルの例としまして「できました^^」「すごい情報~」「期間限定!」これらは何のことかわかりませんよね。

わからなくした方が「読んでもらえる!」と思われるのでしたら、Facebookでやったほうがいいです。なぜブログにはタイトル欄があるかは、検索エンジンも見ているからです。

本のタイトルが「絶対儲かる方法」で、中を見たら「働きましょう」と200ページ書いてあったら嫌ですよね。「ラーメン店を80日で繁盛させて絶対儲かる方法」なら、ラーメン店に興味のない人は時間の節約になりますし、興味のある人は読みます。

このエントリーは「ビジネスブログ書き方コツ」の4つのキーワードが入っていますから、「ビジネスにおいてブログを運営するときの書き方のコツを知りたい人の検索」にヒットしやすくなります。

「お役立ち情報!」では人間にも検索エンジンにもわかりません。

ビジネス用ブログは「内容」も重要です

タイトルの後に本文で、「おはようございます。今日も1日がんばりましょう!」のように中身のない文章で1ページ完成するエントリーがときどき見ます。悪いとは言いませんがTwitterでやりましょう。Facebookでもいいです。

挨拶して励ますのはいいのですが、ブログへご訪問なさるお客様はそんなことを言われなくても毎日がんばっています。

本当に伝えるべきなのは、事業に関係する情報発信です。ビジネスと関係のない文章はTwitterやFacebookでやりましょう。どうしてかはSEOのためです。

ビジネス用ブログは「SEO」効果を底上げします

SEO(検索された時に来て頂きやすくなるように上位表示できるよう最適化)は情報発信戦です。ブログとSNS(TwitterやFacebookなど)の違いは、テーマ、タイトル、カテゴリーに大きな違いがあります。

4年前は一時期TwitterがGoogleの上位に表示されたり、3年前はFacebookで書いたページが上位に表示されたりもありました。Googleは実験が好きですからよくあることで、今はどちらも上位には来ません。テーマ、タイトル、カテゴリーがばらばらなのでSEOに不利で当然なのです。

アイアットのブログを例にします。

  • テーマ……「アイアット」(稀に事業主である私)の情報だけ
  • タイトル……どんなことを書いた記事か一行でわかります
  • カテゴリー……「PC事業」「Web事業」「山口県」の3つ

FacebookやTwitterにテーマはありません。あるとするならアイアットの場合は私(井上)の私生活や考え方がテーマです。

タイトルは付けられません。書いた中身が文字数制限で省略されてタイトル扱いされますから、何のことが書いてあるかわかりにくくなりSEOの効果は皆無になります。

カテゴリーもありません。あるとしますと私のFacebookはテーマと同じく「井上」がカテゴリーです。アイアットの事業内容に興味を持たれた方が井上に興味を持たれるとは限りません。おありならFacebookに来られるはずです。

企業ブログとSNSの役割は別ものです

私が最近関心しましたブログは、メーカーズシャツ鎌倉さんのコラムです。Twitterは更新が止まっていますが、雰囲気だけでも見て頂けると違いがわかるはずです。

会長さんのコラムは「ニューヨークにいます!」のような一言で終わっていません。テーマをシャツと会長ご自身の方針=鎌倉シャツの方針として書かれていますから、ホームページ全体のSEO効果が(お気づきかはわかりませんが)底上げされています。

Twitterでは、140文字以内の言葉で鎌倉シャツの宣伝をされていまして、あまり固いことは書かれていません。こちらは昔の言葉で言いますと、SMO(ソーシャル・メディア最適化)になります。

長くなりましたので今回はここまでとさせて頂きます。

本当にお伝えしたいことは次回、タイトルは「セルフSEOはアイアット以上の本物SEO」でご説明申し上げます。このタイトルでは、ちょっと内容がわかりにくいですが「どうして?」と関心をお持ちいただくための わざと です。が、セルフSEO、アイアット、本物(SEO)という感じでキーワードは入っています。

Posted in Web事業 and tagged , .