紙の広告とインターネット広告の費用の違い

広告は費用が大きいので避けられていないでしょうか?私も広告にはお金をかけていませんので、そのお気持ちはわかります。

広告といえば、チラシや広告枠のような印刷が思い浮かびます。まずは、紙へ印刷される広告の場合をご説明しましょう。

紙面での広告は掲載料

例えば、フリーペーパーでこんな広告枠があったとします。

  • 発行部数……10万部
  • 発行地域……周南/下松/光
  • 掲載枠……10cm × 3cm
  • 掲載料……5万円

枠は小さめですが、周南~光市で10万部も配布されますから、多くの方々に見て頂けるはずです。掲載料がちょっと迷ってしまう金額ですが、妥当な価格設定にしたつもりです。

広告の入った紙面が予定通り配布された後、効果を特に気にされないならいいですが、私はこんなことが気になります。

  • 広告は何人に見られたのだろう?
  • その内、何人が来店されたのだろう?

よくわかりませんから、「たぶん宣伝効果はあったに違いない」と思い込むしかありません。10万部発行ですし、5万円も出したのですからそう思いたくなるものです。

割引クーポンを掲載したり、合言葉で値引きのようなやり方でしたら、ご来店数はある程度はわかりますが、お医者さんのように価格を前面に出せないこともあります。

昔ながらの紙の広告は効果が分かりにくいのです。だめなのではありません。アナログな方法ですから、データが思うように採れないのです。

インターネット広告は集客料

インターネットも掲載料になるところもありますが、私がご提案していますインターネット広告は分かりやすくいいますと集客料です。

下記は、アイアットが事業用の広告をインターネットへ出したなら、の例です。

  • 発行部数……無制限
  • 発行地域……指定します
  • 掲載枠……下の画像をごらんください
  • クリック料……50~120円

「あ、なんか見たことある」と思われましたか?

Googleの検索画面の広告

パソコンから検索(Google)で「山口県 パソコン 修理」を探した画面です。赤い枠で囲んだ場所が広告枠で、アイアットではこのような広告の出し方をおすすめしています。

紙の広告との大きな違い

例えばですが、Googleの広告でしたら掲載は無料です。どなたかがクリックすると数十円~数百円の費用が発生します。だれもクリックしなければお金を支払う必要はないのですね。ですから発行部数は無制限です。

インターネットは世界中につながっていますが、国内だけを指定したり、山口県内のみや、条件により周南市から光市までの人へ限定しての配信もできます。(こちらの設定は紙面広告ほどの確実性はありません)

検索広告最大の利点は、お客様から求められて表示するところです。

上の例でしたら「山口県内のパソコン修理」について調べていますから、山口県のパソコンの修理に関係のない人には表示されないのです。

予算が5万円で1クリック100円の設定でしたら、確実に500人のお客様から求められる広告が出せるのです。逆に1ヶ月経っても10人しか来られなければ千円しか支払わなくていいのです。

アイアットWeb事業が最も得意とするサービスです

通常はこのような広告の調整(私たちの業界ではチューニングと言っています)は、手数料として広告予算の10~20%を頂いています。予算が多額でしたら5%を下回ることもあります。予算3万円でしたら20%の6千円、予算200万円でしたら5%の10万円、このような感じです。

アイアットは月額込です

広告を出されても出されなくても同じですから、実質無料とお考えになられても間違いではありません。なぜ無料でチューニングまでするのか、怪しいですよね?

本当は別途オプション費用を頂いた方が自然なのでいいと思うのですが、地域貢献、は建前としましても、良いサービスを安く広めたい気持ちはオーナー様といっしょですから、私は宣伝を楽しめますし、チューニングに慣れていますから苦にならないのです。

  • ホームページは作って終わり、ではありません
  • ほったらかして「ホームページ?あるよ」ではもったいないです
  • 自信をお持ちのご商売でしたら、広めなければ市内県内の人の不利益になります

アイアットは信頼性の高いご商売、オーナー様としかお取引いたしません。新規でホームページをお作りになる以外にも、作って終わってしまった、ほったらかされていますホームページを私たちの手で息を吹き返させてください。

Posted in Web事業 and tagged .