アイアットのページのデザインは良い悪い?

こんにちは。アイアット代表の井上です。

このお知らせのカテゴリーはWeb(ウェブ)事業となっています。ウェブとは簡単に申し上げますとインターネットのページを指します。

皆さんは自社のページのことをホームページと表現されると思いますが、私達ウェブ制作の業者はホームページのことをウェブサイトと表現する違いがあります。なぜなら私達がホームページと言ったときはトップページ(ホームページの一番最初のページ)のことを指すからです。

しかし、ここでお客様へウェブサイトと書いたりトップページのことをホームページと表現しますと、わかりにくいですし混乱されると思いますので、ホームページはホームページ、トップページはトップページとしてご案内申し上げます。

ホームページのデザインの良さと悪さ

さっそくですが当サイト(今ご覧になっているアイアットのページ全体のことです)のトップページをごらんください。

もうご覧になられたでしょうか?まだでしたらこちらのリンク(→アイアット)をクリックしてください。ご面倒でしたら画像で説明いたしますのでそのままで結構です。

下の画像はクリックすると拡大表示になりますが、拡大されなくても大丈夫です。

アイアットのトップページ(パソコン表示)

私が作りましたので手前味噌になりますが、このページは見た目がきれいで、メニューもかっこよく、私のやりたい事業の特徴が上手に配置されています。自画自賛しているのですが、私はこのページはあまり良くない悪例として制作したつもりです。

説明を続ける前に、まだトップページを開かれていましたら、表示の幅を変更して下へスクロールさせてみてください。画像や文字の配置が自動で切り替わり、下のようにきれいに表示されます。

レスポンシブデザインの説明

このような動的な表示は専門用語でレスポンシブデザインと言いまして、1つのデザインでいくつもの表示形式に対応している設計を指します。

さて、どこが悪いのでしょうか?

お気づきになるのは無理です。

すみません。

当サイトはWordPressというブログ用のシステムを利用し、その中へテーマという設定ファイルを入れて作りました。私はWordPressをインストールしてテーマを購入して設定しただけです。

どこがまずいのか、答えはこちらです。ソースコードといいます※画像の中は読まれなくて大丈夫です

ソースコードの説明

当サイトはWordPressにより設計が決まっています。購入したテーマにより構造が変更されます。更にはプラグインという後付の機能もありまして、変更すればするほど上の英語と記号が書き換わって行き制御が不可能に等しいのです。無理ではありませんが、むだに時間ばかりかかります。

きれいなホームページが良いページとは限りません

当サイトのトップページは、かっこよくてきれいなデザインと私は感じます。が、検索のロボットは表面のデザインよりソースコードを重視しますから、中身がめちゃくちゃでは、いくら見た目が良くてもGoogleやYahooのような検索システムには評価を下げられます。

SEO(検索システムと人間へ最適な状態を目指す)を取り入れてホームページを制作されるのでしたら、表面だけではなく中身の比重も大きくした方がよいのです。

社長さんの趣味のゴルフ日記でしたら見た目重視で良いと思いますが、企業やお店のような接客や営業をするホームページはSEOが必須です。

もちろんSEOだけではありません。ソーシャルメディア(facebookやTwitterなどのことです)やインチキではない正当なバックリンク(リンクされることです)を取り入れた本物のホームページをご希望でしたらアイアットへお任せください。

具体的な制作例やポイントは随時ここで公開して行きます。私は押し売りや強引な営業はしませんので、気になられました時にご連絡いただけたら幸せます。

長文かつ専門用語が多くなりまして失礼いたしました。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

Posted in Web事業 and tagged .