スマホのWi-Fi接続不足と低速を解消しませんか?

スマートフォンの世帯普及率は7割に達してパソコンと同じぐらいになったと総務省の調査結果が昨年発表されました。パソコンは一家に一台かもしれませんが、スマホは普通は1人1台ですから、数でいえばスマホ利用している人の方が圧倒的に多いはずです。

今回はFacebookでWi-Fiとスマホ回線でお困りのお友達がいまして、その人用の説明になりますが、ぜひ皆さんも学んだり改善をご検討されてみてください。

Wi-Fiとケータイ回線の違い

家庭内のWi-Fi(無線LAN)は、いらすとやさんのこちらのイラストがわかりやすいです。

computer_wireless

上の3つは左から、スマホ、パソコン、タブレットです。

下の3つは左から、無線LANルーター(Wi-Fi)、光回線終端装置、インターネットになります。スマホなどがインターネット接続するため無線LAN接続でしたらこの順序になります。*無線LANルーター機能が終端装置の中にある場合もあります

Wi-Fiルーターは腐ります

パソコンやネットワークに詳しい人でしたら何のことかわかるでしょう。無線LANルーターは発熱が原因なのか、早ければ3~5年、長くても7年もたてば腐る(故障する)です。もちろん使用頻度や環境にもよります。

うちがちょうど昨年に腐った無線ルーターが7年目で、新しく導入しました。速度は腐った方が最大150Mbpsに対し、新しい方は1,800Mbpsですから速さは格段に違いますし、お値段そんなに高くもありません。旧機種が当時5千円、新しい方が7千円ぐらいでした。

スマホの通信量不足はルーターが腐ってるかも?

我が家のスマホは私が2つ、家内が1つ、長女が1つの合計4台で、パソコンは私が4つ(+事業所用2つ)、家内と長女が各1つの大所帯です。他にもWii Uや3DS、エレクトーン、テレビ、ビデオなどもWi-Fi接続です。

ですから私が皆へ口を酸っぱくして言ってるのは『スマホだけはWi-Fi接続なのか、4G(3GB、LTE)接続か常に意識するように。』です。

家内はdocomoで10GBですが、長女は格安SIMで3GB、私は2GBと1GB+従量制の格安SIMなので、超えると低速化したり追加料金払って容量を買うことになります。でも、Wi-Fiならケータイ回線使いませんので通信量は無制限。

もし、Wi-Fiあるはずなのに通信量が多すぎるなら、自宅や職場や学校でWi-Fi接続になっているか、なっていないなら無線LANルーターが腐っていないか疑ってみましょう。

我が家の通信量とスマホ月額と環境

  • 家内……docomo、iPhone、月1GB未満、月額1万円(端末分割含む)
  • 長女……格安SIM、1万円のスマホ、月2~3GB、月額1,300円
  • 私1……格安SIM、家内のお下がりiPhone、月2GB未満、月額1,200円
  • 私2……格安SIM、キッズケータイ、月1GB未満、月額1,080円

なぜ通信量が少ないかは、自宅内や接続できるWi-Fiがある時はそっちを使うようにしているからです。docomo回線でYouTube見たら10MB(0.01GB)なんて5分ですから、1時間見たら0.1GBなんてあっというま。

長女と私の月額がめちゃ安なのは、今はやりの格安SIMだからです。今年10月には家内のiPhoneの端末代分割が終わりますので、家内も格安SIMに乗り換えますから、3人分4台のスマホは月5千円に収まる予定です。

変なところは私が長女のお下がりキッズケータイを使っていることでしょうね。特定の5番号しか着信も発信もできないのですが、プライベート用ならこれでいいので、たっかいスマホなんていりません。乗り換え前のFOMAの最低プランでも1,080円以上でしたから、スマホの方が安くなりました。

このように、カケホーダイやら20GBシェアプランなんてのに乗っからされて、たっかい月額払わなくてすんでいるのがうちです。Wi-Fiがつながるなら、ケータイ回線は使うな!を徹底しているから。光回線が月5千円ほどですから、全部合わせても1万円ですんでいます。

我が家のWi-Fi機器の設置状況

うちは縦長で、事業所兼自宅なので広いです。縦20m、横10mぐらいとお考えください。2Fが自宅、1Fは事務所と駐車場(作業場)です。0005_0057room

1F/2Fいずれも①に終端装置があります。と同時にWi-Fiルーターも接続していますので、①のどちらにも無線LAN接続ができるようになっています。

②は中継装置を置いていて、赤と青それぞれの①と②が無線でつながっていますから、②にも無線LAN接続ができます。

③はやや特殊なので詳しくは説明しませんが、PLCといいます、コンセントの中にある電線を利用してLAN接続していまして、遠いし壁も多いですが①と③は電線でネットがつながっていて、③でも無線LAN接続できるようになっています。

どこの商業施設だよ!とつっこまれそうですね。私もそう思います。赤の③の位置には家内のパソコン、赤の②は長女の部屋のすぐ横、青の②は商談スペース、青の③は駐車場でもゲストが無線LANできるようになっています。もちろん、Wi-Fiパスワード知らない人はつながりませんよ。

Wi-Fiルーター買替設置はお任せ下さい

ビジネスですのでもちろん宣伝になりまして、ご利用の環境を見て最適な無線LANルーターや中継機、広い敷地でしたらPLC導入まで弊社に丸投げでも大丈夫です。

敷地内全域カバーではなくて、できるだけ安くしたい、ある程度の速度が出るならいい、のようなリクエストにもおこたえいたします。

ここで『費用はご相談ください』として逃げると白けてしまいますよね?私、あれが大嫌いなので書きます。おおよその目安、高くてこのぐらい、税込で、と思っていただければ大丈夫です。

  • 出張費(周南・下松地区)……3,500~4,500円
  • 無線LANルーター設置(1台)……7千円
  • 無線LAN中継・PCL設置(1台)……4千円

弊社から遠い周南や下松(具体的には須々万より北、旧新南陽、下松は熊毛以北東)で無線LANルーター1台設置ですと高くて11,500円、これに無線LANルーターの実費が別途必要になりますので、7千円前後の機器でしたら総額2万円を切るぐらいです。

最近の無線LANは設定や接続が(私から見れば10年前よりは)簡単になっていますので、ご自身でチャレンジされ、無理だったらご依頼されてもかまいません。その場合はすでに無線LANルーターは買われていますので、機器代はもちろん必要ありません。

こちらで機器を代理購入とされる方が多いのは、選び方がわからない、専門の人間に任せたいご要望が多いためで、ご自身で選ばれるならそれでもいいと思います。

高くない?安すぎない?

高いと思われるのでしたらおやめください。副業や趣味で似たことをされている方々もおられます。

安いと思われるのでしたら、そうかも知れません。弊社、株式会社アイアットのPC事業は税務署には悪いですが利益を重視していません。お困りの人から利益を多めにいただこうとは思っていませんのは、人の弱みや足元見ているようで嫌なのです。

格安SIMのことをもっと知りたい

弊社は会社の定款で、パソコン関係のこと以外はできませんので、そういったビジネスは範囲外になってしまい、アドバイスして代金をいただくと会社法に違反してしまいます。

でも、この田舎な山口県では教えてくれる人少なそうですので、安全に格安SIMにする方法、失敗しないための考え方、格安SIMにしていいかの判断、など、私個人の趣味として次回エントリーする予定です。

毎度ながらの長文にお付き合いいただきましてありがとうございました。

Posted in PC事業 and tagged , .