Windows10無償アップグレードにご注意下さい

2015年7月29日に新Windowsになります10が登場します。今までのWindowsと違う所は見た目や機能もそうですが、無償アップグレードという形を取っているところが大きな違いです。

無償アップグレードって何のこと?

お使いのパソコンがWindows7か8.1でしたら、右下にこんなマークが表示されていないでしょうか?

windows10logo

これはWindows10のロゴマークで、クリックしますとWindows10に無償アップグレードできる予約画面になります。もう予約された方もおられると思いますが、右クリックからステータスを確認すると取り消しできますので、少し待ってみませんか?無償アップグレード期間は1年後までありますので、今すぐアップグレードしなくてもまだまだ時間はあります。

アップグレードしない方がいいの?

アイアットとしましてはおすすめいたしません。弊社では開発者向けのWindows10を一足早く試したのですが、今回のWindowsは未完成の状態で製品版として公開されます。どうやって完成させるかは、Windows Updateという、今までのWindowsにもあったMicrosoftからの更新システムで随時行われます。

しかもWindows7とも8.1とも違うこんな画面になります。

device_family_livetiles_NonCortanaMarket_Updatedx

デスクトップ画面の左下のWindowsマークを押すと、7でしたらシンプルなメニュー、8.1でしたらスタート画面に移動するボタンでしたが、10では7のようにメニューが出るのですが8のようなタイルがずらりと並びます。

これはタブレット用のメニューとして使いやすいよう設計されていまして、7をお使いでしたら大きすぎて操作しにくく、8.1とは全く違う動きをします。タイルアイコンは天気や株価、Windowsストアなど普段使わないものばかり表示されていますので、これをどうにかする自信がおありでしたらいいのかも知れませんが、メニュー側も並び方が変わっていますのでご注意ください。

見た目や操作方法は慣れてしまえばいいのですが、10からのWindowsはクラウドといいますインターネット上にデータを保存するOne DriveというMicrosoftの有料サービスが推奨されていますが、ネット上にデータを保存するのはまだ不安ではないでしょうか?

また、弊社のようにパソコンやWindowsに詳しい人は8ではなく7を使い続け、10にする人も少ないと見ていますので、10にしてもしわからないことがあった時に詳しい人に聞いてもわからない可能性が高くなると思われます。

その他、ビジネスに利用されていますパソコンでしたらソフトウェアや周辺機器が10に対応していないことも考えられますので、慎重な判断が必要です。IT mediaさんの記事もご参考ください。

Microsoftはこのツールですべてのアプリやデバイスを診断することは不可能なので、互換性に関する問題が漏れなく表示される保証はないとしている。

そして重要なことは、お使いのパソコンのメーカーがWindows10アップグレード対象機種に指定しているかを先にご確認ください。対象ではないパソコンを10にするとサポートや修理を受け付けてくれなくなるかもしれません。

アップグレードさせない方法は?

Windows10のマークにさわらずほっとけばいいです。これからも時々10にアップグレードしようとポップアップが出るかと思いますが無視しておけば大丈夫です。

開発者や物好きな人が10を使いつづけて不具合が修正された後にアップグレードしても遅くはありません。おもしろそうなので10を使ってみたいのでしたら遊び用のパソコンでアップグレードされますようおすすめいたします。

ただ、もし10が気に入らなくて7や8.1に戻すのでしたら再インストールが必要ですからデータはパソコンの外に出しておかなければ全部消えます。7や8.1から10へのアップグレードではデータは消えませんが、逆は消して入れ直すしかありません。その時はリカバリーディスクか再インストールディスクが必要ですので、なければメーカーでの有料修理扱いや修理を断られる可能性もあります。

ご参考までに、弊社でデータを退避しリカバリーしてデータを書き戻す作業は合計でおよそ1万1千円頂いています。リカバリーではない再インストール方式でしたら1万4千円と結構な出費になってしまいます。

自動アップデート標準が危険です

Windows 8.1まではウィンドウズアップデートといいますMicrosoftからの更新を手動で止めたり巻き戻したりができていました。もし更新により支障が出ても手直しすれば正常化できていましたが、一般ユーザー向けの10ではそれができないよう変更されているのです。

意識せず常に最新の状態が保てるのはセキュリティの観点ではいいことなのですが、Microsoftがミスをしたときはしばらくパソコンが使えなくなってしまうかもしれないのです。10でこの支障が出ると弊社では修復できません。Microsoftの修正待ちになります。

Microsoftは10を強く推奨していますが、パソコンに詳しい多くの人はアップグレードは待つようおすすめされています。アイアットでもおすすめはしませんので、しばらく様子を見られますようご検討ください。

Posted in PC事業 and tagged , .