8月13日のWindowsアップデートにご注意下さい

マイクロソフトがWindowsアップデートについて8月13日公開の更新プログラムに不具合があったと報告しています。

以下のいずれかの更新プログラムをインストールした後、Stop 0x50 エラーが発生しコンピューターが異常終了する場合があります。また、このエラーは、再起動後にも発生し起動に失敗する場合があります。

2982791 [MS14-045] カーネル モード ドライバーのセキュリティ更新プログラムについて (2014 年 8 月 12 日)
2970228 Update to support the new currency symbol for the Russian ruble in Windows
2975719 August 2014 update rollup for Windows RT 8.1, Windows 8.1, and Windows Server 2012 R2
2975331 August 2014 update rollup for Windows RT, Windows 8, and Windows Server 2012

Windows 7、Vistaの場合

こちらのページを参考に29827912970228を削除してください。コントロールパネルの横にWindows Updateがないときは、コントロールパネルをクリックしてプログラムのアンインストールをクリックすると説明と同じ画面になります。

Windows 8や8.1の場合

こちらのページを参考にしてコントロールパネルを開いた後はWindows7と同じ画面になりますので、こちらを参考に4つのプログラムすべてをアンインストールしてください。

問題のプログラムが入っていない?

現在は配信が止まっていますので、8月13日から17日までにパソコンを起動していなかったりWindowsアップデートをしていないパソコンには入っていませんので問題ありません。

画面全体が青くなりSTOP:0x50エラーで止まる

マイクロソフトの解説を参考にDVDメディアやセーフモードで起動して修復してください。ただし、レジストリーは操作を間違えると別の原因でWindowsが起動しなくなるおそれがありますので慎重に作業してください。

起動しないし説明を読んでもわからない

あまり難しい作業ではありませんのでWindowsパソコンに詳しい人へこのページ(今、ご覧になられていますココです)を見て頂き修復してもらってください。もし、アイアットへ持ち込みされます場合の費用は500円(点検料、税込)です。この問題に対する修復作業料は頂きません。

ノートパソコン、デスクトップパソコン、どちらも本体とWindowsのDVDだけお持ちください。配線やキーボードなどはすべて不要です。ご来所は予約制となっていますので、事前にご希望の日時を電話またはメールでお問い合わせください。作業時間は30分程度です。

Posted in PC事業 and tagged .